防犯意識を持つ

被害に遭わない為に鍵で防犯

防犯意識を持つ

家族、家など、さまざまな財産を守るためにはセキュリティ設備を強化すると共に自分たちの防犯意識をしっかりと持つことも大切です。せっかく優れた設備が整っていても、使う人間の意識がいい加減では効力は減ってしまいます。

空き巣などの侵入者に限らず、色々な犯罪に言えることですが、犯罪者と言うのは、隙をついてくるものです。人や家の隙をみつけて、それを足掛かりにして行動を発展させていくものです。ですから、隙のない防犯対策を施して、侵入する気が失せるように仕向けることがポイントと言えます。

例えば、玄関のドアの鍵が古い物一つしかついておらず、いかにも入りそうな状態というのは大変危険です。このような入りやすい家と玄関ドアに複数の鍵がついていたり、ピッキング対策が施されているような鍵が付いている家と、侵入者はどちらを選ぶかは考えるまでもありません。

鍵を交換したり増やすと共に、防犯カメラやセンサーなどで侵入者にプレッシャーを与えて、入り込む隙をつぶしていくことが効果的と言えます。
また、うっかりしていると忘れがちなことが、留守情報を広げてしまうことです。街の中での会話や最近ではネット上での会話などでも、旅行に出掛けると言ったことが外部に知れ渡ることでターゲットにされる恐れもあります。こういった点も注意したい大事なところです。